【通販】ちゅらひかりの特徴や値段 | おいしいお米.com

ちゅらひかりの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

ちゅらひかりの特徴・由来など

ちゅらひかりとは

ちゅらひかりは、1989年に東北にて育成が開始された品種です。

その目標は「トヨニシキ」以上にいもち病に強く、「ひとめぼれ」や「あきたこまち」に匹敵する良食味の品種を作ることでした。

1995年から生産力検定試験、特性検定試験などさまざまな試験を受け、のちに沖縄県の奨励品種として採用されることになりました。

そのため、栽培地は主に沖縄県です。減農薬栽培ができる品種ということで、注目を集めています。

ちなみに、「ちゅら」とは沖縄の方言で「美しい」という意味があります。
「沖縄の美しい光のように輝くお米」をイメージして「ちゅらひかり」と命名されました。

ちゅらひかりの掛け合わせ

ちゅらひかりは、食味の良い「東北143号(後のひとめぼれ)」と、いもち病に強い「奥羽338号」との掛け合わせにより誕生しました。

ちゅらひかりは両親の良いところを受け継ぎ、病気に強く味が良い品種となりました。

ちゅらひかりの味

ちゅらひかりは玄米の粒の大きさは中位です。
炊くと良い香りが立ち込め、口に含むと粘りがあり、食べ応えを感じるお米です。

ちゅらひかりに合う料理

お米本来の味が優れているので、何の味付けもなく、そのままで美味しくいただけます。
また、沖縄県産米なので、沖縄料理の「ゴーヤーチャンプルー」や「豆腐チャンプルー」などの料理と相性抜群です。

【Amazon】おいしいちゅらひかりの通販や購入はこちらから


品種 ちゅらひかり
育成年 2004
育成場所
粒形 良食味で耐倒伏性、耐冷性が強く、収量性はやや多収
名前の由来 「ちゅらひかり」は、1989年に食味が良い「ひとめぼれ」といもち病に強い「奥羽338号」を交配して、その後代より育成した系統である。
稲の特性 沖縄県

【Amazon】おいしいちゅらひかりの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地