【通販】萌えみのりの特徴や値段 | おいしいお米.com

萌えみのりの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

萌えみのりの特徴・由来など

萌えみのりとは

萌えみのり(もえみのり、登録名水稲農林416号)は日本のイネの栽培品種のひとつ。

良質・良食味で耐倒伏性が強く、多収で、直播栽培用品種を育成することを目標に、はえぬきと南海128号を交配して作られました。

1997年より東北農業研究センターにて養成研究が開始され、2006年10月4日に水稲農林416号として命名登録されました。

この萌えみのりという名前は、春に直播栽培の水田で稲の芽が一斉に萌え出て、秋に多くの米を実らせる様子に因み「萌えみのり」と名付けられました。

萌えみのりの掛け合わせ

「萌えみのり」は、「南海128号」と「はえぬき」の掛け合わせで誕生したブランド米です。

「南海128号」は多収性で味が良く、「はえぬき」は稲が倒れにくく強いお米です。

この2つの特性を活かして生まれたのが「萌えみのり」です。

萌えみのりの味

萌えみのりは、粒は少し大きく、たくましい形状をしていて、炊きたての光沢は目がさめるほど眩しく、お米の香りが食欲をそそります。

また、味は粘りが少なくあっさりとしているのが特徴です。

萌えみのりの合う料理

パラパラとした食感を活かせるチャーハンや、粘りが少ない特性を活かしたカレーのご飯がおすすめです。ベタベタせず美味しく食べられます。

【Amazon】おいしい萌えみのりの通販や購入はこちらから


品種 萌えみのり
育成年 2006
育成場所
粒形 熟期が中生の晩に属する粳種
名前の由来 「萌えみのり」は、1997年に多収で良食味の「南海128号」と耐倒伏性に優れ良食味の「はえぬき」を交配して、その後、選抜固定をはかってきた品種である。
稲の特性 東北地域中南部

【Amazon】おいしい萌えみのりの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地