【通販】みずほの輝きの特徴や値段 | おいしいお米.com

みずほの輝きの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

みずほの輝きの特徴・由来など

みずほの輝きとは

みずほの輝きは、1996年新潟県で育成され、2011年3月に品種登録が行われました。

秋晴れの日の光に照らされた、黄金色に輝く穂を連想してつけられた名前です。
出穂時の穂たちは美しくもあり、神々しくもあります。

みずほの輝きの掛け合わせ

このみずほの輝きは、「北陸174号」を父に、「中部98号」を母として掛け合わせが行われた品種です。

栽培地は、新潟県の上越地方で、長野県と新潟県の境にあり、高田平野が広がっています。

冬の積雪量が多く、寒い地方ですが、春には綺麗な雪解け水が流れ出るなど、稲作に適した環境が揃っています。

みずほの輝きの味

みずほの輝きは粒が大きくて美しく、炊き上がりは名前の通り美しい輝きを放ちます。

食感は軟らかくて粘りは弱めで、あっさりとした味わいが特徴で、癖がなく食べやすいお米です。

みずほの輝きの合う料理

みずほの輝きは、冷めても美味しいお米なので、おにぎりやお弁当、お寿司に向いています。そのため、お米の粒の食感をしっかり楽しむこともできます。

【Amazon】おいしいみずほの輝きの通販や購入はこちらから


品種 みずほの輝き
育成年 2008
育成場所 北陸農業試験場
粒形 「みずほの輝き」は、1996年に北陸農業試験場(現中央農業総合研究センター・北陸研究センター)で良質・極良食味の晩生品種の育成を目的として、晩生の優良系統「北陸174号」と「中部98号」を交配した後代から育成された系統である。
名前の由来
稲の特性 寒冷地南部

みずほの輝きの口コミ/評判

みずほの輝きの口コミ/評判

生産地 :新潟県
内容量:3kg / 料金:1200円
新潟の新ブランド米で、初めて見たもの珍しさと、安めの値段に惹かれてかいました。5分づきで購入したけれど、柔らかくて食べやすく、あっさりとしていてどんなおかずとでもあうと思いました。正直にいうとあまり品種による味の違いがわからないので、他と比べてどうこうという感想はないのですが、安いわりに美味しいお米で満足しました。

【Amazon】おいしいみずほの輝きの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地