【通販】はなの舞いの特徴や値段 | おいしいお米.com

はなの舞いの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

はなの舞いの特徴・由来など

はなの舞とは

はなの舞は、山形県の奨励品種として採用され、山間部の稲作経営に貢献しています。

山形県は四季の移ろいが鮮明で、冬に降った雪が春になると湧き水となり田を潤します。そのため、米作りに必要な条件の肥沃な土壌・寒暖の差もあり最適な環境です。

はなの舞はそのような米作りに最適な条件のもと、1974年に交配され、山形県が大いに力を入れて育成した品種です。

この「はなの舞」という名前の由来は、「毎日の食卓を華やかにる美味しいお米になってほしい」という願いから名付けられました。

また、稲の中で舞う美しい花のように、ひと粒ずつがキラキラと輝くお米であってほしいという想いも込められています。

はなの舞の掛け合わせ

はなの舞は1974年に、早く収穫でき倒れにくい「北陸99号」を母に、良食味の「コシヒカリ」を父として掛け合わせされました。

その後も育成と選りすぐりが行われ、1981年に「庄内32号」の系統名が付けられました。
そして、1987年に「はなの舞」として山形県産の美味しいお米の品種第一号として登録されました。

平坦地向け良質品種育成を目指して作られた品種で、北陸99号の早生及び強稈性にコシヒカリの食味を導入しました。

そのため、早場米としては食味がよく、東北地域の品種の食味水準を向上させる先駆的役割を果たしました。しかし、現在では、殆ど(あるいは全く)栽培されていません。

はなの舞の味

はなの舞の玄米をみると、透明度が高く、ひと粒ひと粒が揃い安定した品種です。

炊きあがるとほのかに香り、気品がありながらもお米本来の味を強く感じられる味です。

はなの舞に合う料理

はなの舞は、粒がしっかりしていて歯ごたえのあるやや硬めのお米なのでどんな料理にも合います。そのため、そのまま食べるのが一番おすすめです。

【Amazon】おいしいはなの舞いの通販や購入はこちらから


品種 はなの舞い
育成年 1987
育成場所 山形農試庄内支場
粒形 中形で基部せまく胚芽が大きい。淡飴色。
名前の由来 毎日の食卓を華やかに彩るおいしいお米。花びらが米の中で舞うように、ひと粒ひと粒キラキラ輝く新鮮なお米であることを表現している。
稲の特性 主産県の山形では、山間及び中山間地に適する。
やや長稈で白葉枯病にやや弱いが、耐冷性極強である。
はなの舞いの来歴

【Amazon】おいしいはなの舞いの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地