【通販】あわみのりの特徴や値段 | おいしいお米.com

あわみのりの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

あわみのりの特徴・由来など

あわみのりとは

あわみのりは1985年、新潟県にて育成が開始された品種です。

1989年から生産力検定試験・特性検定試験が行われ、1997年に育成が完了。翌年に品種登録出願が行われました。

新潟県で生まれた品種ですが、現在は、徳島県で栽培されています。

その徳島県の綺麗な空気と水で育った「あわみのり」は、極良食味品種として知られています。

ちなみに「あわみのり」の「あわ」は阿波国の「阿波」です。

古代、現在の徳島県北部は「粟」の生産が盛んだったため、「粟国(あわのくに)」と名付けられました。

また、「よく実ってほしい」という想いから「みのり」という言葉が足され、「あわみのり」と名付けられました。

あわみのりの掛け合わせ

あわみのりは「北陸132号」を母、「北陸122号(後のキヌヒカリ)」を父として交配され、誕生しました。
父である「キヌヒカリ」は今でも生産が盛んなお米で、関西地方で主に作られています。

あわみのりの味

あわみのりの米粒の大きさはやや小粒で、光沢があります。
また、炊きあがりはふっくらしていて、もちもちした食感や粘りを楽しむことができます。

あわみのりに合う料理

冷めても美味しいので、おにぎりやお弁当に向いています。
また、米本来の味を楽しむことができます。

【Amazon】おいしいあわみのりの通販や購入はこちらから


品種 あわみのり
育成年 1999
育成場所
粒形 玄米は「日本晴」よりやや小さく、外観品質は「日本晴」並に良好で、食味は「日本晴」に優り、コシヒカリ」並
名前の由来 「あわみのり」は、晩生、極良食味品種の育成を目的として「北陸132号」を母とし、「北陸122号」(後の「キヌヒカリ」)を父として交配した後代から育成された品種である。
稲の特性 寒冷地南部

【Amazon】おいしいあわみのりの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地