【通販】つがるロマンの特徴や値段 | おいしいお米.com

つがるロマンの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

つがるロマンの特徴・由来など

つがるロマンとは

つがるロマンは、青森県の美味しいお米として広まってほしいという願いを込めて「あおもり米のエース」として開発され、平成9年にデビューしました。

品種改良によって誕生したこの「つがるロマン」は、平成8年には青森県の奨励品種となっています。

その名の通り青森県で生産されているお米で、それまでは耐冷性に特化したものが多く、味はイマイチとされた青森県産のお米のイメージを一気に変えたとも言われるのがこの「つがるロマン」です。

つがるロマンの掛け合わせ

つがるロマンは、母に「ふ系141号」、父に「あきたこまち」をもち、さらに「コシヒカリ」の孫にあたるお米です。「コシヒカリ」の粘りのよさや味わいに、「あきたこまち」の耐冷性を持ちわせています。

つがるロマンの味

このつがるロマンの味としてよく言われているのは、父である「あきたこまち」の要素を色濃く受け継いでいるということで、旨みと甘味の強さはしっかりと受け継ぎつつも、よりあっさりとした味わいが特徴です。

つがるロマンに合う料理

つがるロマンは、魚や煮物といった和食との相性が非常に良いお米と言えます。
脂っこい食べ物に飽きた方などには非常におすすめのお米と言えます。

また、素材の味を引き立てるという意味では、炊き込みご飯にもおすすめです。

粘りが強すぎないのでベトベトしない点も相性の良さを実感できます。
ただ、味の濃いおかずを合わせると、ごはんの風味や香りをあまり感じることができません。

【Amazon】おいしいつがるロマンの通販や購入はこちらから


品種 つがるロマン
育成年 1997
育成場所
粒形
名前の由来
稲の特性

つがるロマンの口コミ/評判

つがるロマンの口コミ/評判

生産地 :青森県
内容量:5kg / 料金:1500円
少し固めに炊くと、噛みしめた時の甘さが強くでると思います。いわゆる「ブランド米」のように強い味わいがあるわけではなく、どちらかというとほんのり甘いもののあっさりとした味です。ですから、明太子や丼ものなどといった味の濃いものと一緒に食べると味がケンカせずに丁度良いと思っています。

生産地 :青森県
内容量:5kg / 料金:3100円
つがるロマンは青森県の一般的なお米です。比較的粘り気が多いのが特徴だと思います。味については一般的なレベルのお米なので、それ相応の味だと思います。炊き立ての時が一番おいしいですが、少し長めに保温すると甘みが出てくるので、その時もおいしいと思います。

生産地 :青森県
内容量:10kg / 料金:2859円
つがるロマンは、あきたこまちの子供で、こしひかりの孫にあたるらしく粘りが似ています。普段から食べていますが、飽きがこなく冷めても味わいがいいです。自己主張はあまりありませんが、おかずを楽しむのには十分なブランドだと思っています。調理がしやすいので焼きめしなどにするにもバランスが良いと思います。

【Amazon】おいしいつがるロマンの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地