【通販】おまちかねの特徴や値段 | おいしいお米.com

おまちかねの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

おまちかねの特徴・由来など

おまちかねとは

鳥取県のブランド米として知られるおまちかね。

東部に千代川、中部に天神川、西部に日野川という三大河川が中国山地から日本海に注ぎ、その流域に三平野を形成する穀倉地帯が広がり、この肥沃な土地で生まれるのが鳥取米です。

この「おまちかね」の名前の由来は、「まちにまった県独自の開発品種」の誕生を表現したもので、収穫時期は10月上旬の中生品種です。

おまちかねの掛け合わせ

平成7年に「中国73号」と「コシヒカリ」を交配し、育成した新品種です。

穀物検定協会においても、外観(ごはんの白さ、光沢等)と粘りがコシヒカリ並みとの高い評価を受けています。

おまちかねの味

おまちかねの特徴としては、光沢に優れ、コシヒカリと同等の粘り、食味を持つふっくら色白美人のお米です。もっちりとしていて、冷めても美味しいお米です。

おまちかねの合う料理

もっちりとして、冷めても美味しいお米なので、お弁当やおにぎりなどに合います。
また、コシヒカリと掛け合わせているため、素材の味を楽しむことも出来ます。

【Amazon】おいしいおまちかねの通販や購入はこちらから


品種 おまちかね
育成年 1995
育成場所 鳥取農試
粒形 中飴色・光沢良。
名前の由来 まちにまった県独自の開発品種の誕生を表現。
稲の特性 稈長・穂長はやや長く、耐倒伏性”やや強”、葉いもち病・穂いもち病抵抗性は”中”。
白葉枯病抵抗性は”極弱”で、縞葉枯病には羅病性である。
おまちかねの来歴

【Amazon】おいしいおまちかねの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地