【通販】まっしぐらの特徴や値段 | おいしいお米.com

まっしぐらの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

まっしぐらの特徴・由来など

まっしぐらとは

まっしぐらは、母「奥羽341号」父「山形40号」を交配させ育成した、青森のブランド米の一つです。

そのデビューは平成18年と比較的新しいお米ですが、現在では、青森県内の様々な地域に普及しています。

このまっしぐらという名前の由来は、食味・品質をまっしぐらに追及していくという意味が込められています。

まっしぐらの掛け合わせ

母「奥羽341号」父「山形40号」を交配されています。

この交配からも分かるように、東北の土壌に適した配合です。また、いもち病抵抗性が高いだけでなく、収量も多く食味にも優れています。

病気に強く粒ぞろいが良いのが特徴で、ブレンド特性にも優れています。

まっしぐらの味

まっしぐらは、食味の向上に加え、炊上がりが白くつやがあり、粒ぞろい・粒張りなど外観の良さが特徴の品種です。

これまで青森米といえば「ゆめあかり」が有名でしたが、その「ゆめあかり」よりも食味に優れていると言われています。

また、まっしぐらは、適度な弾力もあり、粘り気が少ないという特徴があり、味がさっぱりとしていて、粒がしっかりとしています。

まっしぐらに合う料理

まっしぐらは、弾力のある食感のため、若い方にも好まれる食感です。
そのため、カレーや汁物などの料理との相性が良いことも魅力の一つです。

また、価格的にも比較的求めやすい設定で、優良なブランド米として価格面でも魅力的なお米です。

【Amazon】おいしいまっしぐらの通販や購入はこちらから

品種 まっしぐら
育成年 2006
育成場所
粒形
名前の由来 食味・品質をまっしぐらに追及していくという意味
稲の特性

まっしぐらの口コミ/評判

まっしぐらの口コミ/評判

生産地 :青森県
内容量:5kg / 料金:1780円
青森県産のまっしぐらというお米に出逢ったのは、5~6年ほど前だったと思いますが、それ以前は岩手県産や秋田県産のお米はあっても、青森県産というのは初めて見るお米でした。値段も非常に安く売られていて、安いお米は美味しくないだろうなと思いつつ、お試しの気持ちで買ってみましたが、食べてみたらものすごくおいしくて、それ以来、まっしぐらひとすじです。お米の粒が大きめで、もちもち感はなく、どちらかというとさらっとした食感です。あまりもちもちねちっとしたお米が好みではない人はハマると思います。粘り気は少ないけれど、甘みがあります。最近は人気もでてきたのか、値段もそこそこ高くなってしまい、残念です。特売でまとめ買いしています。

生産地 :青森県
内容量:10kg / 料金:2000円
まっしぐらはあっさりした味わいのお米です。 もちもち、ねっとりという感じではなく、口に入れてすぐにほどけるお米です。もちもちも美味しいですが、まっしぐらは和洋中問わずどんな料理にでもあうお米だと思います。翌日、すっかり冷めてしまっていても、おいしさは変わらないので、お弁当に入れてもいいお米だと思います。

生産地 :青森県
内容量:10kg / 料金:3000円
青森県産で、価格帯も味も悪くないと思います。食べると、甘くはないが食べやすい。冷凍にしても、味は落ちず炊きたてと同じように食べることができると思います。玄米も食べたことがあるが、全部玄米にするより2:1の割合で白米多目の方が食べやすいし、長続きがすると思います。

生産地 :青森県
内容量:5kg / 料金:1900円
まっしぐらは店頭で偶然に見て、パッケージの外からでも白色が綺麗だったので購入しました。味は正統派の東北のお米らしく、ふつうにおいしく、あきたこまちに近いと思います。格安な値段ですが、粒がそろって大きめ、炊き上がりもつやつやして食欲をそそります。

生産地 :青森県
内容量:10kg / 料金:3000円
青森県さんのお米の中で安い価格のお米ですが、安くても美味しいです。ですが、元々硬めのお米なのかわかりまでんが炊きたては美味しいのですが、時間が経過すると思いの外、硬くなり翌日になると味が落ちる品種だと思います。味にこだわり、もっちり艶々ホクホクのお米が良いならあまりオススメいたしません。

【Amazon】おいしいまっしぐらの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地